2011年 11月 23日 ( 1 )

現代のヤマタノオロチって・・・

e0194828_10131293.jpg

東京文化会館50周年記念フェスティバル

「オペラ古事記」



日本が誇る最古の物語 古事記

黛敏郎氏がオーストリアのリンツ州立劇場から委嘱を受け
96年に初演されているそうです。

日本では今回が初演なのでしょうか・・・ 勉強不足です。

全4幕 ドイツ語での上演 字幕付


神秘的な宇宙の始まりから

夫婦神イザナキ、イザナミの「国生み」の物語

太陽の神「アマテラス」

月の神「ツキヨミ」

海の神「スサノヲ」


好き勝手書きますが・・・

天の岩戸に姿を隠したアマテラスを誘いだそうと
岩戸の前でアメノウズメの舞踊が繰り広げられたシーンが
良かったかなぁ。

スサノヲが八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治するシーンでは
オロチの姿そのものは描かれず

演出の岩田氏が「オロチとは 古事記の原典をよく読むと 大きな蛇という姿に象徴された
台風や火山の噴火、地震などの自然災害そのものだということがよく分かる」
とおっしゃっているように 古事記の中で古代日本人に襲いかかるヤマタノオロチとは
自然災害以外の何物でもない・・・

現代日本 自然災害以外にも怖ろしいものがたくさんあって
英雄スサノヲが現れてくれないかなぁ・・なんて。

ニニギノミコトの天孫降臨シーンはもうちょっとあっても良かったかも
などと思ってしまった。





e0194828_105724.jpg

東京文化会館を出ると正面に見える
スカイツリー

先端までよく見える!!

昨晩は
[PR]
by Happy_hitoshizuku | 2011-11-23 23:58 | 日常