お香教室 ~お線香~

e0194828_23321052.jpg

今日は三回目のお香教室。

お線香作りです。

睡眠不足が続いていて…  あ゛~眠いよぅ★

今から約400年前の安土桃山時代後半から江戸時代初期に中国より製法が伝わり
日本で作られ始めたそうです。 他のお香に比べると意外に最近だった…

お線香は馴染みがあるかな。

お線香は「焼香」に代わるものとして仏事用に作られ始めたとの事ですが
当時最先端のお香の一種として煎茶道の人々にも使用されたそう。

本来のお線香は 草根木皮などの各種天然香料に「椨(たぶ)」と呼ばれる天然の
糊剤を加え、水と共に練り上げ、成形し、作られているんですって… そうなんだ~。

竹芯香(ちくしんこう) というまるで花火のようなお香も見せて頂きました。
どう見ても花火です…火花出そうだし。

白檀、沈香(シャム)、龍脳、丁子、桂皮、山奈、甘松、藿香(かっこう)、極上安息香、
零陵香、ジャコウ… これらをブレンドし、椨粉を加えて練り練り。

あ~楽し♪

e0194828_23502492.jpg


お線香たちはただ今乾燥中。

部屋の中が… そこはかとなくいい香り☆

火をつけるのが楽しみさ~♪♪
[PR]
by Happy_hitoshizuku | 2009-10-22 23:58 | 習いごと
<< キミがくれた幸せな時間 テッラ・マードレ 母なる大地へ! >>