ポール・ゴーギャンと極上の香り

今日は東京国立近代美術館で開催中のゴーギャン展へ。

近くにいたおじさまの「印象派は光を描いたんだよな・・水面は光を反射して
それは綺麗だから、だから水辺が多いんだな」というつぶやきが聞こえてくる…

「かぐわしき大地」も「異国のエヴァ」も もっともっと眺めていたかった。

ずっと見たかった「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」は
想像以上に大きな作品で圧倒されました。
「後世に残されたゴーギャンの精神的な遺言ともいうべき作品」…
まだ余韻が…

原初の人類に備わる生命力や地上に生きるものの苦悩を描きだしたと云われる作品と
対面するのを心待ちにしていて…それが叶った今日は気持ち的にとても充実した一日。

e0194828_21434858.jpg

e0194828_21451924.jpg

トコトコ歩いて工芸館へ。 こちらへ来るのは三回目かな。
建物が素敵です。ここで好きな器を眺めて大満足。
今日は静かな時間を過ごしました。

夕方は曇り空。 ぽっかり浮かんだ栗が♪
e0194828_2148481.jpg


昨日は琉球フェスティバルで一年ぶりに会ったお友達から塗香を頂く…
わ~なんて素敵な香り☆
e0194828_21564218.jpg

僧が仏さまの前に立つ、その前に身体を浄めるためのものだそうです。
すりすり擦り込むのだとか。
「よい香りは邪を祓うとも云われる」 …ワタシ はまってしまいそうです。

お香の教室があるそうなので早速教えてもらって
近く体験してみようと思っています。

「琉球フェスティバル」 2001年からほぼ毎年行っていて欠かせない一大イベントです。
好きな音楽を聴き、お酒を飲み、笑って、踊って、そしていつもこみあげるものがあって
また今年も楽しめた事に心から「ありがとう~」と思う琉フェスの日。
あ~楽しかった☆
[PR]
by Happy_hitoshizuku | 2009-09-21 22:45 | 日常
<< 美味しいパンが呼んでいる 空飛ぶ白いたい焼き >>